ご挨拶
Message

夢を実現するために いざ、イノベーションを起こしましょう!

【 事業活動 】

オープンセサミ・テクノロジーは、主力事業であるITS(高度道路情報システム)関連事業、 モバイルアプリ関連事業を柱として展開しております。

ITSは、人と道路と車がコミュニケーションし、道路交通が抱える事故や渋滞、環境対策など、様々な課題を解決するためのシステムとして、常に最先端の情報通信や制御技術を活用し、社会インフラを支えるプロジェクトとして、新しい産業や市場を創出しております。
「100年に一度の大変革の時代」、最近では自動車業界の再編が進み、エンジンからEVへシフトし、コネクテッドや自動運転が加速する中、自動車メーカとIT企業が競い合う時代となりました。
また、自動車は所有する時代からシェアする時代へ、更には空飛ぶクルマの研究開発も活発化しており、経済産業省は2023年の商用化に向けて動いています。
「持続可能なモビリティ社会の実現」に向けて、時代は大きく変容しつつあります。

モバイル端末においては、スマフォやタブレットから、今後はウェアブルの領域において、スマートグラス等も更なる進化を遂げております。
これらモバイルアプリの開発において、東海地区ではいち早く参画しており、 大手クライアントからのご依頼により、ゲームや電子ブックビューアなど、多数が製品化されております。
今後は、AR/VR、そして、AIを取り入れたソリューション提供がますます活発化してきており、それらにも迅速に対応して参ります。

更に、企業の基幹システムや業務システム、製造業から販売、流通、公共系、医療系、社会インフラを支える広範囲な情報システムを対象としたエンタープライズ開発や、モバイル端末等のチップセットやデバイスドライバから、シーケンサのファームウェアやNC用マイコン等のエンベデッド開発等、未来を見据えたIoTソリューションをご提供して参ります。

【 サステナビリティ 】

弊社では、SDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」に賛同し、
SDGsの達成に向けた取り組みを行っていく事を宣言いたします。

また、持続可能な社会を形作る活動として、「健康経営」「ダイバーシティ」の2つのテーマに取り組んでいます。

【 健康経営 】

経済産業省の「健康経営優良法人」に2018~2021年と4年連続で認定されております。
社員旅行の参加率80%、リレーマラソン参加、運動頑張ったで賞などが、評価されております。

【 ワークライフバランス 】

ワークライフバランスの取組みとして、以下の施策を実施しております。

  • 多様な働き方 ⇒ コロナ禍での働き方(時短、テレワーク、スライドワーク、地方移住等)
  • 定時退社日の設定
  • フレックスタイム制度の積極的な活用
  • 有給得奨励日の設定
  • 労働時間の短縮 ⇒ 平均月残業時間9.16H(2020年9月期実績)
  • 休暇の取得促進 ⇒ 平均年有給取得日数9.19日(2020年9月期実績)
  • 育児、介護休暇の取得促進
  • メンター制度の活用
  • 「なごやワークライフバランス実践企業」に認定
  • 愛知県の「ファミリーフレンドリー企業」に認定
【 ダイバーシティ 】

ダイバーシティの取組みとして、以下の施策を実施しております。

  • 外国人採用 ⇒ 韓国4名、中国1名、インド1名、モンゴル1名
  • 女性活躍推進 ⇒ 女性リーダ登用、女性比率は20%超え
  • 高齢者雇用 ⇒ 定年制による嘱託就業規則を作成済
  • 障碍者雇用 ⇒ 就労移行支援事業所の障害者雇用
  • 「仕事と育児の両立支援助成金」の登録 ⇒ 労働局に以下目標項目として「一般事業主行動計画」を提出、くるみん認定取得
    • 目標1:産前産後休暇、育児休暇、子の看護休暇について、制度がある事の社内周知と制度の内容の理解を深める。
    • 目標2:労働者のお子さんが保護者の働いているところを実際に見学できる「子ども参観日」を実施する。
【 イノベーション 】

現在弊社では請負業務が100%(受託60%、委任40%)を占めている状況ですが、
今後は自社発の企画・開発を行い、オリジナルブランドを確立していきます。
自社製品のアイデアを発掘するために、全社をあげて定期的にアイデアソンを行っております。
表面化していない社会の課題を見つけ出し、アイデアをカタチにしていきます。
そして、社会貢献をキーワードに、社会インフラとなりうるサービスをリリースして参ります。

Let's Innovation!!!!

代表取締役森岡 忍
TOP